初心者講座

【第5回】ドラムの打ち込みの方法


この記事では、ドラムの簡単な打ち込みができることを目標にします。

 

ほとんどのDTMユーザーは、ドラムは生ではなく打ち込みを使うのではないでしょうか?

ドラムの打ち込みは意外と簡単です。記事を読みながらCubaseを開き、トライしてみましょう!

 

①「Groove Agent」を立ち上げる

何もないところで右クリックし、「インストゥルメントトラックを追加」をクリックします。

 

「インストゥルメント」から「Groove Agent(グルーブエージェント)」を選択します。

 

これでドラムを打ち込むためのソフト「Groove Agent」が立ち上がりました。

 

②プリセットを読み込む

Groove Agentが開いたら、下の画像のようにプリセットを読み込みます。

 

好きなドラムの音色(名前から予想)を選びます。

 

プリセットを選択すると、下のパッド(赤枠)をクリックして音が鳴るようになります。

 

③打ち込みの下準備

Groove Agentを閉じて、ドラムの打ち込みの下準備を行います。

 

⑴「GM Map」の設定

 

画面左側「ドラムマップなし」と書かれているところをクリックし、「GM Map」を選択しておきます。

 

⑵「スナップ」をONにする

 

画面上側の「グリッド」と書かれている横の「スナップ」をONにします(白く光ります)。

 

④ドラムの打ち込みをする

右クリックから鉛筆マークを選択し、四小節分をクリックしたままなぞります。

 

今書いたこちらのエリアを「イベント」と言います。ここに打ち込みをしていきます(絵画で言うキャンバスのようなものです)。

マウスを矢印に変え、イベントをダブルクリックしましょう。

 

するとこのように、下側に打ち込みのためのエリア(ピアノロール)が開きます。

ピアノロールは、右上の矢印マークをクリックして大きくしておきましょう。

 

まずは上側の「クオンタイズ」から、自分の打ち込みたいリズムを選択します。

例えば、8ビートを打ち込みたいときは「1/8」を選択します。

 

マウスをドラムスティックに変えてクリックすると、その場所にドラムの音が打ち込まれます。

 

打ち込んだドラムは、下のようにコピーして貼り付けたり

 

鳴っている音を変えたり(シンバル→ハイハットなど)

 

音の強弱(ベロシティ)をつけたりすることが出来ます。

 

これらを駆使して、まずは簡単なドラムを打ち込んでみましょう!

 

次の記事はこちら

【第6回】ベースの打ち込みの方法

-初心者講座
-, ,

© 2020 ゼロから始めるCubase Powered by AFFINGER5