初心者講座

【第3回】Cubase画面のしくみを理解しよう

この記事では「Cubase画面のしくみが分かること」を目標とします。

Cubaseの画面は最初に見たときは「どこが何なのか?」「何が起きているのか?」がとても分かりにくいです。
このブログでCubaseの画面のしくみを理解していただければと思います。

①「ふたつのエリア」を理解する

では、Cubaseの画面の見方を解説します。
画面は大きく2つに分けることができます。

右側が録音のエリア、左側が編集のエリアです。
左側の編集エリアを「Inspector(インスペクター)」といいます。

右側でトラック(楽器のこと)を切り替えると、それに応じてInspectorが切り変わります。

例えばドラムを編集したいときは「Drums」のトラックを選択します。
そうすると、InspectorでDrumsを編集できます。

②インスペクターの見方

Inspector右上にあるアルファベットの「e」ボタンを押すことによって、より細やかな編集が出来るようになります。

こちらの画面は大きく分けて左から順に4つの場所に分かれています。

  • Insert(インサート)…エフェクターを直接挿す場所
  • EQ(イコライザー)…音程別に音量を変える場所
  • Sends(センド)…エフェクターを後がけする場所
  • Volume(ボリューム)…音量やパンニングを調整する場所

このようにCubaseの画面は構成されています。

 

次の記事はこちら

【第4回】よく使うショートカットキーを覚える

-初心者講座
-,

© 2020 ゼロから始めるCubase Powered by AFFINGER5