初心者講座

【第2回】Cubaseから音を出す方法

この記事では、「Cubaseから音を出すこと」を目標にします。

 

①オーディオコネクションの設定

まずは、空っぽのプロジェクトファイルを立ち上げます。
(プロジェクトファイルの立ち上げ方はこちら)

次にパソコンのF4キー(または「スタジオ」をクリックを叩いて、オーディオコネクションを立ち上げます。

オーディオコネクションとは、Cubaseへの音の出入りを管理する画面です。

出力のタブを開いて、バスを追加➡構成を「Stereo」に変更➡バス名を「Stereo Out」します。

 

②音楽(オーディオファイル)の読み込み

では、設定した音の出口(StereoOut)から音が出るか確認するために、何か音楽を流してみましょう。

「ファイル」➡「読み込み」➡「オーディオファイル」で、適当な音楽ファイルを読み込みます。

するとこのように、選んだ曲が波形となってCubase上に現れます

再生して、音楽が聴こえればOKです。

③音が出ない場合

音が出ない方は、画面左側にある「e」ボタンをクリックしてください。

するとこのような画面が開きます。

こちらの出力タブを見てみると、「ターゲットなし」になっていませんか?

この出力タブは、選択した音がどこから出ていくかを示したものです。
つまり、さっき作った「Stereo Out」に設定しておかないと音の出口がない状態なのです。

なので、ここが「ターゲットなし」もしくは「No Bus」になっている人は、
「Stereo Out」をクリックして選んでおきましょう。

そうすると、おそらく音が流れるかと思います。

 

④それでも音が出ない方

音が出ない要因として他には、

  • 「ミュートしている」
  • 「ボリュームがゼロである」
  • 「機器の接続に失敗している」
  • 「オーディオインターフェースのドライバーをインストールしていない」

など、いろいろなものが考えられます。

 

次の記事はこちら

【第3回】Cubase画面のしくみを理解しよう

-初心者講座
-,

© 2020 ゼロから始めるCubase Powered by AFFINGER5