初心者講座

【第13回】コンプレッサーの使い方を徹底解説!



この記事では「コンプレッサーとは何か?」を理解することを目標にします。

 

DTMをやる上で、避けては通れないコンプレッサー。

初心者にとって効果が分かりにくく、大きな壁となります。

 

この記事が少しでも助けになれば幸いです。

 

①コンプレッサーのはたらき

コンプレッサーの仕事は

「大きい音を小さく、小さい音を大きくする」ことです。

 

これは例えば、ボーカルにおいて効果を発揮します。

 

曲にもよりますが、ボーカルはサビで音量が上がることが多いです。

 

サビとサビ以外の音量差が大きいと、埋もれたり浮いたりして聴きにくい音楽になってしまいます。

 

そこで登場するのがコンプレッサーです。

 

コンプレッサーで「大きい音を小さく、小さい音を大きく」することで、ボーカルの音量差を抑えることができます。

 

これが、コンプレッサーの最も基本的な仕事です。

 

この記事では、ここに焦点をあてていきます。

 

②コンプレッサーのつまみ

Cubase付属のコンプレッサーには、以下のつまみが搭載されています。

他にもつまみはありますが、この記事では絶対に抑えるべき5つだけに絞って解説します。

cubaseのコンプレッサー

  • Threshold(スレッショルド)…ここで決めた音量を超えた音が、コンプレッサーによって圧縮されます。
  • Ratio(レシオ)…圧縮の比率です。音を何倍に圧縮するかを決めます。
  • Attack(アタック)…スレッショルドを超えてから、何秒間かけて音が圧縮されるかを決めます。早いと音の立ち上がりが引っ込み、遅いと強調されます。
  • Release(リリース)…スレッショルドを下回ってから、何秒間かけて音のあっしゅくを解くかを決めます。早いと音の余韻が強調され、遅いと引っ込みます。
  • Make-up(メイクアップ)…出力で持ち上げる音量を決めます。

 

③コンプレッサーの使い方

以上のつまみを、以下を参考に実際に動かしてみましょう。

cubaseのコンプレッサー

  • Threshold(スレッショルド)『GR(ゲインリダクション)』が最大で-6db程度になるように設定します。コンプレッサーを薄くかけたいときは-3db程度にします。『GR』が-9dbを超えると不自然になります。
  • Ratio(レシオ)…密度感を出したいときは「4~8」に、空気感を出したいときは「2~4」程度に設定します。高音になればなるほどレシオを低くする傾向にあります。特にボーカルのレシオは「2~3」程度で考えてください。
  • Attack(アタック)…アタック感が欲しい場合(スネアやアコギなど)は遅め(20ms程度)に、奥に引っ込めたい場合(ハイハットやコードシンセ)は早め(10ms程度)に設定します。
  • Release(リリース)「Attackの逆」と考えます。つまりAttackが早い→Releaseは遅め(200ms程度)、Attackが遅い→Releaseは早め(50ms程度)ということです。
  • Make-up(メイクアップ)…基本的には圧縮した音量(『GR』を見てください)と同じ値に設定します。

 

④まとめ

コンプレッサーによる音の変化は、楽器ひとつひとつを聴くと微々たるものです。

 

しかし、処理した複数の楽器を混ぜて聴くことで、コンプレッサーはその真価を発揮します。

 

「音の分離感」「音の前後感」「音のヌケ」「音圧感」「独自のキャラクター付け」など、コンプレッサーによるミックスへの効果は計り知れません。

 

是非この記事を参考に、コンプレッサーを触ってみてください。

 

 

最後に。

 

 

コンプレッサーのつまみに正解はありません。あくまでこの記事は「参考」です。自分の気持ち良い音が正解です!

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。

-初心者講座
-

© 2020 ゼロから始めるCubase Powered by AFFINGER5